鍼灸について  天承整骨院西小山院で受付しております。

 鍼の施術について


きわめて細いステンレス製の鍼(長さ40mm〜80mm、太さ直径0.17mm〜0.33mm)を経穴(ツボ)に刺入します。刺入方法は、主に管鍼法と言って、円形の金属或は合成樹脂製の筒を用いて無痛で刺入します。
関節の痛みや筋肉のコリ、血液循環の促進に効果がありますので、刺入した鍼に、微弱な低周波パルス通電をすることもあります。症状に応じて施術いたします。
コリだけではく、頭痛や眼精疲労、血圧の調整や胃腸症状の不調の改善等、色々な症状を鍼治療で解決できる場合が多々あります。
その他、刺入せずに皮膚に接触させる、押圧させる方法もあり、小児鍼として乳幼児の夜尿症、夜泣きなどにも効果があります。
なお、当院では、一回限りで使い捨てのディスポ鍼を使用しており、感染症の心配はありませんので安心です。
 
 
灸の施術について

艾(もぐさ)を用いて経穴(ツボ)に熱刺激を加える方法で一般的に『やいと、お灸』と言われています。
皮膚に直接もぐさを乗せる直接灸、筒で浮かせたもぐさを燃やすなどの関節灸等、方法はいくつかあり、ちくっと感じる熱さからほんのり心地よく感じる温かい刺激を身体に与えます。
冷え症をはじめとして、不眠、ストレスの改善や痛みの軽減などに、鍼治療と併せて施術します。
 

※WHO(世界保健機構)による鍼灸の適応疾患
神経系 神経痛・神経麻痺・筋肉痛・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー等
運動器系 関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚肩こり・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折・打撲・むちうち・捻挫)・各種スポーツ障害
循環器系 心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ
呼吸器系 気管支炎・喘息・風邪および予防など
消化器系 胃腸痛(胃炎・消化不良・胃下垂・胃酸過多・下痢・便秘)・胆のう炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾・口内炎等
内分泌代謝系 パセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血等
泌尿器系 腎炎・膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・前立腺肥大・陰嚢等
婦人科系 更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・のぼせ・つわり・血の道・不妊症等
耳鼻咽喉科系 中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・蓄膿症・咽喉頭炎・扁桃炎・声枯れ等
眼科系 眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい等
小児科系 小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善等
皮膚科系 蕁麻疹・しもやけ・ヘルペス・おでき等
アレルギー 気管支喘息・アレルギー性鼻炎・目炎等